フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【終焉】ドゥテルテ氏の禁酒令、「商売にならない」、マニラ歓楽街に衝撃


新しく大統領に就任する見通しのドゥテルテ氏ですが、

その政策が早くも波紋を呼んでいるようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


ドゥテルテ氏が全国的に導入すると見通しの禁酒令に関して、

愛好家やバーの経営者から様々な意見で出ています。

ドゥテルテ氏はダバオ市で行っている、

午前1時以降の酒類の販売や提供の禁止を、

全国的に展開するつもりであることが、

彼の報道官によって明らかにされています。

マニラ市内の目抜き通りでカラオケバーを営む経営者は、

「多くのバーは明け方まで商売している」

「禁酒令が行われたら主に酒を販売している人々はどうなる?」

「我々は真っ当な商売をしているだけなのに」と述べ、

禁酒令がサービス産業に大きな衝撃を与えると指摘しています。

一方、コンビニのオーナーは、

「私の商売には大きな影響はない」と受け入れる方針を示しています。

ban1.jpg

また近所に毎晩のように酒宴を行う住人がいる男性は、

「過度の飲酒を制限するだろう」と、

禁酒令の効果に期待を示しました。

しかし全国的な禁酒令の導入には包括的な調査に加え、

法案として議会を通過する必要があります。

ドゥテルテ氏は市長時代に、

酒酔い運転など飲酒と犯罪の関連を見出し、

禁酒令を考えた出したとされています。

What Pinoys say about Duterte's liquor ban

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2016/05/13 23:50 ] おもしろニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: