フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

マクド店員から弁護士に、苦学生のサクセスストリーが話題に


貧しい苦学生が数々のバイトを経て、

弁護士となったサクセストーリーが注目を集めています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


ついに弁護士となる夢を叶えたのは、

バギオ市に住む男性で、

法律学部で勉強する傍ら、

マクドナルドやカーウォッシュ、

コールセンターなどで働き、

学費を稼くという生活を8年間も続け、

ようやく司法試験に合格を果たしました。

ときには裕福な同級生に馬鹿にされましたが、

彼は決して夢を諦めませんでした。

男性には5人の妹がいますが、

母親はウェイトレスとして働き、

父親もタクシー運転手と生活は豊かではありません。

大学に通っているときに父親は無職となり、

働かざるを得なくなりました。

働きながら学校に通う生徒は珍しくありませんが、

それは簡単であることを意味しません。

男性は学校が終わったあとに、

午後4時から午後11時までフルタイムで働きました。

その後、韓国人の家庭教師などをしましたが、

それだけでは学費を賄うことができず、

ガールフレンド(後に妻となる)から借金をして、

なんとか1学期目の試験を終えましたが、

2008年に学校を辞めざるを得ない状況になりました。

そしてコールセンターで2年間働きましたが、

どうしても弁護士の夢を諦められずに復学を果たします。

しかし、今度は父親が亡くなるという悲劇に見舞われ、

勉強や仕事に集中できない日々が続きました。

特にコールセンターの仕事はストレスが多く、

友達から紹介されたオンラインの仕事に転職し、

学業との両立ができるようになり、

2014年に学校を卒業することができました。

ついに弁護士となった男性は、

過去の経験から労働環境の改善に関心を持っており、

「私は最も有名な弁護士ではなく、最も賢明で倫理的な弁護士になりたい」

と抱負を語っています。

LOOK: A man's journey from laborer to lawyer

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

==========================

なにかと怠け者のイメージがつきまとうフィリピンですが、

中にはこんな努力家の方もいるようです。

フィリピン社会では実際に、

経済的な問題で中退する学生が後を立たないようです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2015/07/11 23:50 ] おもしろニュース | TB(-) | CM(-)
このブログの人気記事
ブログパーツ
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム