フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

世間が震撼した事件の裏に警官の影、諸悪の根源はやっぱり警察組織


マニラ首都圏で乗り合いタクシーに偽装した車両を使って、

男が女性を襲っていた事件で、

警官が関与している可能性が浮上しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


車内で女性に乱暴した容疑で逮捕された男は、

使用したワンボックスカーが警官の所有で、

彼の雇用主であることを明らかにしました。

6月13日に逮捕される前に、

警官から電話があったということですが、

会話の内容は明らかにされていません。

容疑者の家族は警官に命を狙われる可能性があると指摘し、

ケソン市刑務所に身柄を移すよう要請してます。

lo1.jpg

もう一人の共犯者の男は、

逮捕後にパトカーの車内で警官から拳銃を奪おうとして発砲され、

すでに病院で息を引き取っています。

また同じ男に乱暴されたという6人目の女性が名乗り出ており、

被害者はまだ増えそうな雰囲気です。

23歳の被害者の女性よると、

4月5日の午前2時30分ごろにマカティ市から、

パサイ市に帰宅するためにタクシーに乗ったそうです。

しばらくするとトランク内にいた男が、

後部座席のところから出てきて運転を代わり、

運転手の男に乱暴されました。

男はさらに女性が持っていた現金6千ペソや携帯電話、

さらにATMカードを使って現金を引き出そうとしました。

そして女性は約2時間後に、

ケソン市内にあるナイトクラブの近くで解放されました。

Van rape suspect names cop as employer

6th victim of van suspect surfaces

関連記事
【因果応報】乗合タクシーで若い女性に乱暴した容疑者の結末、怪しすぎる警察の説明…

乗り合いタクシーも油断できない、若い女性を襲った運転手を逮捕、仲間と計画的犯行か

================

警官が小遣い稼ぎで容疑者に、

白タクをやらせていた可能性がありそうですね。

これだけ犯行を繰り返しても、

なかなか逮捕されなかったのは、

警官の後ろ盾があったからかもしれません。

銃で撃たれたもうひとりの容疑者は、

やはり口封じでしょうね。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2016/06/26 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: