フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

インド人はフィリピンで一体何をしているのか? かなり殺伐としてるらしい…


このほどマニラ首都圏ケソン市で、

10日前に誘拐されていたインド人男性が、

国家捜査局(NBI)によって救出されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


男性は6月18日にカビテで容疑者たちに誘拐され、

3千万ペソの身代金が家族に要求されていました。

ケソン市ノバリチェスにある民家に監禁されていた男性は、

2人のフィリピン人に見張られ、

鎖に繋がれて犬のように、

地面で寝ることを強要されていました。

身代金が交渉の結果1千万ペソまで減額され、

現金の受け渡しに現れた容疑者を捜査員が追跡し、

隠れ家を発見することができました。

逮捕された7人の容疑者のうち4人はインド人で、

その中のひとりは誘拐された男性の親戚でした。

「フィリピンに来たばかりのころ、

食べ物をあげたり面倒を見てやったのに、

こんなことをやるとは信じられない」と、

男性は容疑者に驚きを隠せませんでした。

容疑者のインド人はタガログ語を流暢に話し、

フィリピン人のふりをして家族に身代金を要求していました。

「奴らは賢く用心深かった」

「しかし被害者の携帯電話を交渉に使ったのは愚かだった」

とNBIの捜査員は指摘しています。

容疑者一味は2年前にも男性の息子を誘拐し、

100万ペソの身代金を入手していました。

Indian admits having uncle kidnapped for P30M



===============

インド人はタガログ語を流暢に話すひとが多いようです。

フィリピン人を相手に高利貸しをしているので、

商売には必須といった感じでしょうね。

メディアのインタビューにもタガログ語で答えています。

容疑者のインド人がスリッパで何度も叩かれているシーンが面白いです。

拳で殴らないところに同胞としての優しさを感じます。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2016/07/02 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: