フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

「催眠術ギャング」が女性退職者から80万ペソ奪う、その巧妙な手口


マニラ首都圏で退職者の女性が、

4人組の詐欺師に80万ペソ(約22万円)を、

騙し取られる事件がありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


被害者は76歳の退職者の女性で、

月曜日の午後2時ごろにマニラ市マラテ地区で、

海外にいる息子の同級生を名乗る2人組に声をかけられました。

2人組は女性の息子から届いた、

ギフトを預かっていると説明され一緒に来るよう誘いました。

女性が2人組の車に乗せられると、

運転手の知り合いを名乗るマレーシア人の女が登場し、

ビジネスで使うミートローフを探すのを手伝ってほしいと頼まれました。

2人組のひとりが近くのスーパーマーケットにあると話し、

マレーシア人の女と一緒に車から降りていきました。

しばらくすると2人は180万ペソが入っているという、

バックパックを持って戻ってきて、

マレーシア人の女は被害者の女性に、

銀行口座からお金を引き出して、

宝石や服、香水を買ってよこすよう命じました。

一行はマラテ地区にある女性の自宅に向かい、

小切手帳やクレジットカード、

現金20万ペソや宝石を持ってこさせ、

さらに銀行に行き30万ペソを引き出させました。

最後に一行はパサイ市の商業施設モール・オブ・アジアに行き、

女性に26万4千ペソ相当の服と、

6万のペソ相当の香水を購入させ、

午後11時ごろに最初に出会った場所で、

180万ペソが入っているという、

バックパックを渡して女性を車から降ろしました。

しかし女性が中身を確認すると、

少しの1千ペソ札と紙の束しか入っていませんでした。

さらに女性はATMカードと携帯電話も奪われました。

警察によるとこのような詐欺は「budol-budol」スタイルと呼ばれ、

被害者を催眠状態して騙す手口だと説明しています。

Retiree loses P800K to ‘budol-budol’ con men

======================

事前に被害者のお年寄りが裕福であることや、

息子が海外にいることを調べた上での計画的な犯行でしょうね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2015/07/16 23:50 ] 治安関係 | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: