記事一覧

フィリピンの多彩な「市中引き回しの刑」、今度は〇〇を運ばせる、次はあの世行きってこと?

バタンガス州では「恥辱の行進」と呼ばれる、

いわゆる「市中引き回し刑」が行われていますが、

23日にも9人の薬物容疑者に対して実行されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


タナウアン市では毎回その季節によって趣向を凝らした、

引き回しの刑が行われることで知られていますが、

今回は「ghost month」にちなんで、

容疑者たちは棺桶を運びながら市内を行進させられました。

9人の容疑者たちは、

市長が率いる捜査チームによって逮捕されましたが、

容疑者のひとりはずっと前に薬物はやめたと主張しています。

この引き回しの刑をめぐっては、

人権委員会などから人権を侵害しているとして非難されていますが、

市長は今後も続ける方針を示しています。

Batangas town's 'shame campaign' continues, this time with 'coffin'



===============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム