記事一覧

【溶岩】マヨン火山がヤバイ、大噴火の可能性、政府が注意呼びかけ

フィリピンの火山地震研究所が、

マヨン火山が噴火する可能性を指摘し注意を呼びかけています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


研究者は水蒸気爆発がいつ起きてもおかしくない状況で、

近く大きな噴火が起きる可能性もあると指摘しました。

観測によると1984年の噴火のときと、

似たような異常活動が確認されているということです。

現在マヨン火山の周辺地域ではマグマの活動の影響で、

複数の井戸が枯れるという現象も確認されています。

7月からの火口からの二酸化炭素の基準値の1日500トンを超えており、

1千トンを超える値を観測する日もあるそうです。

8月3日から6日までに観測された火山性地震は146回に達しています。

mayo1.jpg

このような活発な火山活動にも関わらず、

火口からの水蒸気は弱く火口の成長も確認されていないことから、

水蒸気爆発をきっかけにした大噴火が、

いつ起きてもおかしくない状況にあると指摘しています。

これを受け同研究所は火山の6キロ圏内に、

立ち入らないよう住人に呼びかけています。

マヨン火山の水蒸気爆発により1883年には77人の農民が犠牲となり、

2013年にも複数の外国人観光客とガイドが犠牲となっています。

標高 2,462メートルのマヨン火山は、

マニラ首都圏から約300キロほど離れたビコール地方にあります。

Phivolcs warns of 'big' Mayon eruption in coming days

=================


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム