記事一覧

【悲報】KTVに監視カメラ設置義務、お前らの行動はすべて記録されるぞ

セブ市で治安を向上させる目的で、

あらゆる施設に防犯カメラの設置義務を課す条例が可決されたようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


条例は2014年に提案されたもので、

今年1月に承認が行われました。

さらに4月に条例としての導入が正式に公表され、

120日間の猶予が与えられましたが、

それが今月に終了するため各施設は、

防犯カメラの設置を急ぐ必要があります。



防犯カメラの設置が必要な施設は、

ハイリスクとされる銀行や質屋(パウンショップ)、

宝石店、送金サービス、ホテルなどです。

このほかにもナイトクラブやKTV、

レストバー、スパ、マッサージパーラーなど、

繁華街の施設も含まれています。

また私立学校が病院、駐車場、市場、工場なども対象となっています。

もし設置義務を果たさない場合は、

初回2千ペソの罰金が課せられ、

二回目には3千ペソ、三回目は5千ペソと金額が上がります。

市から営業許可を習得する際に、

防犯カメラの設置を確認するとしています。

CCTV law takes effect in Cebu City

================


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム