フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

ドゥテルテ大統領、禁煙に続き「花火禁止令」を検討、首都圏郊外の大爆発事故で


ドゥテルテ大統領がまたまた全国的な禁止令を検討しているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


禁止が検討されているのは、

フィリピンで年末年始に活発化する花火です。

ドゥテルテ大統領はブルネイへの外遊出発前に閣僚に対し、

花火禁止令の導入が可能かどうか検討するよう命じました。

ドゥテル氏は大統領選のキャンペーン中に、

全国的な花火禁令を導入すると公約していました。

ドゥテル氏が長年市長を務めていたダバオ市では、

2002年から花火禁止条例が導入され、

花火による負傷者をほとんどなくすことに成功しています。

2015年には花火や祝砲のかわりに銃を発砲した違反者の情報に、

5千ペソの懸賞金を出す方針を示していました。

しかし花火業界は禁止令が深刻な経済的影響を及ぼすとして再考を求めています。

マニラ首都圏郊外のブランカン州では、

水曜日に花火販売店が密集する地域で火災があり、



花火に引火して大爆発を起こし2人が犠牲となり、

20人以上が負傷する事故があったばかりで、

花火に対する規制を求める声が高まっています。

Duterte: Imposing nationwide firecracker ban up to Cabinet



==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2016/10/21 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: