フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

マニラ空港で銃弾事件が再発? 比系米国人から36発の銃弾、しかし所有を否定


マニラ国際空港で銃弾を所持していた米国人が拘束されました。

ターミナル2で拘束されたのは、

79歳のフィリピン系米国人の男性です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


空港警備当局によると、

男性は北イロコス州出身で、

米空軍のサービスマンとして働いていましたが、

現在は引退して年に2回ほど、

フィリピンを訪れているということです。

男性から押収された銃弾は36発で小さい箱に入った状態でした。



しかし拘束された男性は、

「もし銃弾が私のものなら出発したロサンゼルスで発見されているはず」と述べ、

銃弾の所有を否定しています。

男性は米国からラオアグ市に向かうために空港を利用していました。

偶然にも男性が利用したのは、

米国で試合をしたパッキャオ選手と同じ飛行機で、

監視カメラの映像にはひとりで到着した様子が記録されていました。

79-yr-old Fil-Am nabbed at NAIA for one box of bullets

Elderly Fil-Am caught with box of bullets at NAIA

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2016/11/08 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: