記事一覧

マラテのコンドで爆弾発見?正体は〇〇でした、処理班が出動し周囲騒然

マニラ市内のホテルで爆弾のようなものが発見され、

警察の処理班が出動する騒ぎがありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


マニラ地区警察によると騒ぎがあったのは、

マラテ地区のジョージボコボ通りにある、

「Birch Tower Condominium」で、

コンドの職員が29階にあるゴミ箱に、

爆弾のような棒の上にタイマーのような時計が設置しているのを発見。

職員は直ちにこれを外の通りに持ち出し同僚が警察に通報。

コンドや周囲の住人たちに避難が呼びかけられました。

爆弾処理班が出動し調べたところ、

タイマーはただの目覚し時計だったことが分かりました。

警察によると爆弾騒ぎの通報で駆けつけ、

発見したの目覚まし時計だったことは珍しくないそうです。

一方、同じくマラテ地区のアドリアティコ通りにある、

「Manila Crown Palace Hotel」でも爆弾騒ぎがありました。

職員が電話に出たところ、

ホテルで爆弾が爆発すると言って切れたそうです。

通報により警察の爆弾処理班が出動し、

周囲などを調べましたが爆弾は発見されませんでした。

Alarm clock mistaken for bomb causes tension in Malate condo

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム