フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

マニラ空港で「客引き」を禁止、悪徳タクシーと共謀してボッタクリ


マニラ国際空港で利用客の苦情が相次ぎ、

客引きが禁止されることになりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


マニラ国際空港公団はこのほど、

2月15日からタクシーの客引きを禁止することを明らかにしました。

利用客からしつこい客引きに関する苦情があり、

全面的に禁止する決定を下したということです。

空港公団の総統や幹部も、

客引きが強引に法外な料金を要求するタクシーに、

利用客を誘導していると指摘しています。

昨年にはタクシー運転手と客引きの男が、

利用客の妊婦とその夫に1キロ300ペソという法外な料金を請求し、

1980ペソを支払えなかった2人から、

携帯電話を奪う事件が起きていました。

Passenger bares collusion of abusive cabbie, NAIA barker

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

[ 2017/02/11 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)

マニラ空港が悪徳タクシーの締め出し、利用客の苦情をリスト化


マニラ国際空港で一般タクシーが解禁されてしばらく経ちますが、

乗り入れを禁止されるタクシーが、

数百台に達していることが分かりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


マニラ国際空港は昨年7月に、

タクシー不足を解決するため、

一般タクシーの乗り入れを解禁しましたが。

特に国際線が多く到着するターミナル1で、

200台近いタクシーが利用客の苦情により乗り入れを禁止されています。

ターミナル2とターミナル3に関しても、

100以上のタクシーが乗り入れ禁止となっているそうです。

主な苦情は運賃の過剰請求など悪徳運転手に態度に関するものです。

もし乗り入れが禁止されているタクシーが客待ちの列に並んでも、

警備員によって追い出されるか違反チケットを切られます。

利用客が空港からタクシーを利用する際に、

担当職員がタクシーのナンバーや、

会社名などが書かれたメモを渡すようになっており、

これを元に悪徳タクシーのリストが作成されています。

空港当局は悪徳タクシーに遭遇した場合、

ホットラインなどに通報するよう呼び掛けています。

Naia keeps list of ‘banned taxis’ based on passenger complaints

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

[ 2017/02/03 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)

【奇跡】マニラ空港で落とし物が相次いで持ち主の元へ戻る、総額200万円


マニラ国際空港で利用客による落とし物が相次ぎましたが、

総額92万ペソ(約200万円)が無事に落とし主に元に戻りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


1月19日に飛行機を利用するために訪れた男性が、

乗ってきたタクシー内に現金22万ペソや、

携帯電話が入ったバッグを置き忘れたことに気付きました。

男性はすぐに空港警察の警官に助けを求め、

警官が男性の携帯に電話をかけると、

71歳の運転手が応答し無事にバッグは男性の元に戻りました。

男性は正直な運転手に謝礼を支払ったそうです。

さらに21日には海外労働者の女性が、

両替所を利用した直後に、

現金70万ペソが入ったバッグを空港内に置き忘れました。

現金は家の購入に使う予定でした。

しかし運良く空港で働く車椅子補助員がバッグを発見し警察に届け、

無事に女性の元に戻りました。

空港警察は防犯カメラの映像から女性が、

落とし主に間違いないと判断しました。

NAIA staff help recover P920K in cash misplaced by passengers

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

[ 2017/01/27 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)

日本行きのフィリピーナ2人を阻止、偽の〇〇に成りすまし出国を図る


マニラ国際空港で政府職員を偽って、

出国を試みたフィリピン人の女2人が阻止されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


入管当局によると出国を阻止された2人は、

ターミナル3で公共事業高速道路省の職員であると主張し、

日本への公式訪問だと説明し出国しようとしました。

しかし当局に確認したところ、

2人の名前が職員名簿に含まれていなかったことから、

出国を阻止されということです。

阻止されたロレナとロウェナは、

公共事業高速道路省の職員ではなく、

日本で働くために出国しようとしたと白状しました。

2人は公文書偽造などの罪に問われる見通しです。

Fake DPWH employees barred from leaving PH

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

[ 2017/01/24 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)

マニラ空港で恐喝が復活、職員が〇〇にイチャモン、飛行機に乗り遅れる


マニラ国際空港で職員による恐喝疑惑が浮上しています。

ターミナル1で1月4日、

サウジアラビに向かうフィリピン人女性とヨルダン人が、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


最終セキュリティチェックで、

手荷物にビン入りのウベジャムが入っていることを理由に、

担当職員に呼び止められました。

職員は機内にビンを持ち込めないと指摘すると、

「ウベジャムについてあっちで話そう」と女性に要求しました。

しかし女性が拒否すると職員は、

ウベジャムを捨ててしまえと叫び始めたそうです。

「私たちは飛行機に送れるので話す時間がなかった」

「もし禁止されているなら捨てればいいだけなのに、

彼はなぜか私たちと話し続けた」

そして入管のチェックインカウンターに戻されることになり、

2人は飛行機に乗り遅れることになりました。

女性は一緒のヨルダン人が、

がん患者の兄弟のところに行かなければならないと指摘し、

空港職員に新たな飛行機の手配を頼みました。

2人は7万5千ペソで新しいチケットを入手しましたが、

ヨルダン人はストレスで病気になり入院してしまいました。

空港警察は2人の訴えを手助けする方針です。

空港当局は問題の職員を解任し、

調査することを明らかにしました。

マニラ国際空港公団のモンレアル総統は、

単純にウベジャムを破棄すれば済む問題にも関わらず、

それをしなかった職員の行動が怪しいと指摘しました。

Balikbayan, companion miss flight after NAIA screener's alleged extort try

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

[ 2017/01/19 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: