記事一覧

大工の男が大ピンチ、○○を隠すため強盗被害を偽ってバレる

タルラック州で大工の男が警察を巻き込む騒ぎを起こしました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします騒ぎを起こしたのは47歳の大工の男で、水曜日の夜に裸で帰宅し、家にいた妻を驚かせました。男は帰宅途中にバイクに乗った2人組に、銃を突き付けられて脅され、乗っていたバイクや財布、服を奪われて、数キロの距離を歩いて帰ってきたと説明。...

続きを読む

【セットアップ】マニラ警官3人を逮捕、ニセ捜査で市民を逮捕し恐喝

ニセ捜査で市民を拘束し解放と引き換えに、身代金を要求した3人のマニラ市の警官が逮捕されました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします調べによると逮捕されたのは、マニラ地区警察のステーション5所属の3人の警官で、麻薬取締局の捜査員を装って深夜に捜査活動を行い、民家にいた男女10人を薬物の違法所持で逮捕し、エルミタ地区にある警察署に連行。解放と引き換えに30万ペソの支払いを要求しましたが、交渉の...

続きを読む

セブの警官を逮捕、遺失物の携帯で市民を恐喝

セブ島で遺失物を使って持ち主を恐喝した警官が逮捕されました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします逮捕されたのはコンソラシオン警察に所属する警官で、遺失物の携帯電話を発見し、持ち主の男性に返却と引き換えに、1万ペソの支払いを要求した疑い。恐喝されたホテルのマネージャーを務める男性は警察に助けを求め、現金の引き渡し場所である、マンダウエ市内のモールでおとり捜査が行われ、男性から現金を受け取った...

続きを読む

カナダ人が銃撃の犠牲に、近所の○○トラブルが原因か

カナダ人が銃撃の犠牲になる事件がありました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします事件があったのはバタンガス市で、56歳のカナダ人男性が、https://internet.blogmura.com/facebook/フィリピン人の妻と一緒に自宅のガレージにいたところ、近づいてきた2人の男に銃で撃たれました。男性と妻は病院に運ばれましたが、男性は複数の銃弾を受けて亡くなり、妻は負傷して治療を受けています。男性はフィリピンに10年以上暮...

続きを読む

マニラ空港で日本人が窃盗被害、3人組の女にしてやられる、警察署で寝泊まり

マニラ国際空港で帰国直前の日本人が、荷物を盗まれる事件がありました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします被害者は58歳の日本人男性で、https://internet.blogmura.com/facebook/出国のためにターミナル1にいたところ、3人組の女に話しかけられ、会話を楽しんでいる最中に荷物を盗まれました。男性は出発エリアに入ったときに、ようやくカートに置いていたバッグを盗まれたことに気付きました。...

続きを読む

セブ空港で日本人を拘束、現金2千万円を無申告で持ち込む

フィリピンに多額の日本円を無申告で、持ち込もうとした日本人が空港で拘束されました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますマクタン・セブ国際空港で拘束されたのは、東京から訪れた32歳の日本人の男で、https://internet.blogmura.com/facebook/現金2千万円を申告せずに持ち込もうとしたのを、入国時のエックス線検査で発見されました。...

続きを読む

歓楽街で日本人を逮捕、窃盗で逮捕状、フィリピンに潜伏

マニラ市の歓楽街で逃亡中の日本人が逮捕されました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします入国管理局によると逮捕されたのは、日本で逮捕状が出ていた49歳の男で、https://internet.blogmura.com/facebook/6月12日にマニラ市マラテ地区で逮捕されました。男は日本で私文書偽造や窃盗の容疑で、逮捕状が出ていたということです。...

続きを読む

空港で窃盗騒ぎ、勘違いで職員を非難した客が名誉棄損で訴えられる

マニラ国際空港で珍しい騒動がありました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします金曜日に英国行きのフィリピン航空を利用するため、ターミナル2を訪れた男性が、入口で手荷物のエックス線検査を受けたところ、バッグ内の携帯電話が紛失したと騒ぎ始めたそうです。そして検査職員が盗んだと非難し始めました。...

続きを読む

女運び屋3人を逮捕、アソコに○○を隠し刑務所に密輸

セブ市刑務所で密輸を試みた3人の女が逮捕されました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします3人は面会を装って刑務所を訪れましたが、身体検査で約の100グラム違法薬物を、隠し持っていたのを発見されました。刑務所当局によると、女性刑務官が鏡を使って検査をしたところ、股間に何かを隠し持っていることが分かり、120万ペソ相当の薬物を押収しました。...

続きを読む

車椅子で旅する男性が話題に、バリアフリーとは無縁の国を走破する目的とは?

フィリピン国内を車椅子で旅する男性が注目を集めています。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますビンセントさんは事故により両足を失い、車椅子で生活を続けていますが、その行動力はまったく衰えていません。ビンセントさんはマニラ首都圏近郊のカビテ州から、ルソン島南部のビコール地方に向けて出発しました。夜行バスで12時間ほどかかる距離をビンセントさんは、車椅子を使って目的地に向かいます。すでに15日間...

続きを読む

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム