記事一覧

未成年者は搾取を強いられ建設労働者の給与は丸ごと奪われる世界

コロナ禍によるロックダウンや外出禁止で、犯罪は減少していると言われていますが本当なのでしょうか?↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますこにほど首都圏マラボン市で、警察が女性5人を斡旋者から救出しました。現場はバランガイ・ポトレロにあるモーテルで、https://internet.blogmura.com/facebook/情報提供を受けた警察がおとり捜査を行い、女性を斡旋するのと引き換えに潜入捜査官から、12500ペソを受け取った...

続きを読む

エルミタの「ワイパーギャング」は市長の逆鱗に触れる

マニラ市で悪名高い「ワイパーギャング」が、モレノ市長の逆鱗に触れついにお縄となったようです。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますモレノ市長の要請を受けたマニラ地区警察は、マニラ市エルミタ地区のロハス大通りで、信号待ちの車を狙うワイパーギャングの7人を拘束しました。https://internet.blogmura.com/facebook/拘束されたのは8歳から17歳までの未成年者で、複数の運転手や通勤者などから苦情を受けていま...

続きを読む

架空の婚約者を空港で待ち続ける老婆の希望

マニラ国際空港で一週間もある人物を待ち続けている、老婆が話題となっています。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますパンガシナン出身の67歳の女性は、フェイスブックで出会った米国人「アレックス・シャンドラー」と、https://internet.blogmura.com/facebook/親密な交流を続け彼の訪問を待ちわびていました。女性によると彼は66歳の元米兵で、30万ドルの年金を受け取る手続きのために、500ドルの送金を頼まれ...

続きを読む

フィリピン政府は来月に外国人のビザ無し渡航を許可するだろう

フィリピン政府が外国人の入国に関する、規制緩和を行う方針を示しました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします大統領府のロケ報道官は金曜日、12月7日からフィリピン人を配偶者にもつ外国人とその子供に対し、ビザ無し入国を許可すると発表しました。https://internet.blogmura.com/facebook/子供に年齢制限はないということです。...

続きを読む

コロナ禍を忘れ去るボラカイのパーティーに魅了される

新型コロナ対策の規制がかなり緩和され、リゾート地にも観光客が徐々に戻っていますが、まだコロナ禍の真っただ中であることを忘れてはいけません。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますボラカイ島の観光省の担当者は、数十人もの観光客がマスクもせずに騒いでいるパーティーの映像に、https://internet.blogmura.com/facebook/驚きを隠せませんでした。問題のパーティーはハロウィンに個人宅で行われたもので、ビーチから...

続きを読む

やがて身籠る思春期の少女は7万5千人に達するだろう

少子化の日本とは対照的なフィリピンの現状。若くして母親になる女性が後を絶たず政府が対策に乗り出すようです。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますフィリピン人口委員会は、2021年に7万5千人もの10代の女性が妊娠し、https://internet.blogmura.com/facebook/母親になる可能性があると発表しました。過去の統計によると2018年には、18歳以下の6万2千人の女性が母親になり、2021年には20%増加す...

続きを読む

フィリピン人女性との結婚を装う韓国人の裏事情

フィリピン人の妻がいると主張した韓国人の企みは、当局によって見事阻止されました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします入国管理局は偽のビザで入国を試みた、2人の韓国人の男を強制送還しました。入管のモレンテ局長によると、2人の韓国人はアシアナ航空で韓国からマニラに、日曜日に到着しました。...

続きを読む

携帯の電波を捕まえに外出した少女が変わり果てた姿で…

マニラ首都圏近郊のケソン州で、学校の課題を終わらせようとした少女が悲劇に見舞われました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします少女と一緒に暮らしている祖父によると、先生に遠隔授業の宿題を提出するため、携帯電話の電波を捕まえようと、少女は午後6時30分ごろに家を出たということです。地方では電波の状態が悪く、コロナ禍でネットを使った遠隔授業を強いられる学生や教師は、非常に困難な状況に陥っています...

続きを読む

トンドの警官は些細なトラブルで住人の人生を台無しにする

マニラ市トンド地区で住人1人が犠牲になった、銃撃事件で容疑者の警官が自首しました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします警察の調べによると容疑者の警官は、サンタクルス警察署に所属する現役で、事件当時に酒に酔っていたと伝えられています。犠牲者の住人が家の前に駐車してあったバイクを、移動するように求めたところ、警官が激怒して激しい口論になった末、警察から支給された拳銃を抜いて繰り返し発砲。https:/...

続きを読む

アンヘレスで曰くつきの韓国人が逮捕された理由とは?

コロナ禍にあってもフィリピンは依然として犯罪者の潜伏先のようです。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします入国管理局はパンパンガ州アンヘレス市で、国際指名手配となっていた韓国人容疑者を逮捕しました。https://internet.blogmura.com/facebook/容疑者は韓国で大規模な詐欺を行い、パスポートはすでに韓国政府により失効されており、フィリピン国内で違法滞在の状態でした。入国管理局によると容疑者は、2015年に...

続きを読む

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム