記事一覧

日本人銃撃事件、保険金が目的か、同伴者が首謀者の可能性も

マニラ市内エルミタ地区の路上で、

車で移動中の日本人が銃撃された事件で、

保険金が目的の計画的な犯行である可能性が指摘されています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


銃撃の犠牲になったのは、

パサイ市の「Solaire Hotel」に宿泊していた、

48歳の日本人ビジネスマンの男性で、

同乗していたフィリピン人も負傷しました。

警察関係者によると日本人男性は、

事件当日の木曜日にフィリピンに到着しばかりで、

マニラ市内キリノ・グランドスタンド近くのレストランで、

「Oakwave Philippines Corp」の幹部などと一緒に食事したあと、

ホテルに戻る途中のロハス大通りで、

バイクに乗った2人組に銃撃されました。

容疑者は銃撃の後車に接近し、

男性が動かないのを確認してから現場を去っており、

人違いではないとの見方を示しています。

捜査関係者は保険金目的の犯行である可能性を指摘しています。

地元警察は被害者の同伴者の中に、

事件の首謀者がいる可能性を指摘し、

入国管理局と協力して被害者がひとりで、

マニラを訪れたのかどうかを確認しています。

日本大使館に協力を求め被害者の背後事情を調べる方針です。

Japanese businessman killed for insurance money?

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム