記事一覧

観光省のパクリ疑惑CM、主人公モデルの日本人の妻がストーリーは本物と擁護

フィリピン観光省のキャンペーンCMが、

南アフリカが過去に発表したCMに酷似していた問題で、

盗作ではないとの主張が浮上しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


CMの主人公のモデルになった日本人のフィリピン人妻が、

観光省のCMが伝えたメッセージは本物だと証言しました。

彼女によるとモデルになった夫の「ウチムラ」は、

今回の騒動で申し訳なく感じていると話しているそうです。

「でもベースになったストーリーは本物」と、

彼女はフェイスブックで地元メディアに説明しました。

http://internet.blogmura.com/facebook/

ウチムラさんはニュージーランドやオーストラリア、

香港、ベトナム、アメリカなど世界各国を旅して、

引退後に生活する国を探していたそうですが、

最終的にフィリピンを選びました。

「彼はフィリピンでの経験を楽しみました」

「そして彼は友達にもフィリピンを勧めました」

と彼の妻は話しています。

ウチムラさんはCMに出てきた北部ルソンだけでなく、

ビサヤなど多くの土地を彼女と一緒に訪れています。

フィリピンを選んだ理由としては、

寒さが苦手で雪のない国がいいとのことで、

バギオでも彼にとっては寒いということです。

37歳の妻は2005年に介護士として、

当時61歳のウチムラさんに出会いました。

最初ウチムラさん中国語が話せるため、

中国人の介護士を求めていましたが、

多くの日本人の友人が、

「家族のように面倒をみてくれる世界一の介護士」だと指摘し、

フィリピン人の介護士を勧めたそうです。

ウチムラさんは同じように世界中を旅する友人のアドバイスを受け入れ、

彼女を雇うと日本に連れていきましたが、

その後フィリピンに戻りドゥマゲッティやマクタン、セブなどに移り住みました。

そして本格的な移住に向けて退職者ビザを取得します。

ウチムラさんはフィリピンの食べ物も好きで、

バコロド・イナサルのチキンがバロットがお気にい入りだそうです。

またCMに登場したサンミゲルビールの大ファンでもあります。

英語を流暢に話せる彼にとって、

英語が通日フィリピンはとても快適に感じるそうです。

目が見えないというハンディキャップがありますが、

フィリピンを旅することが好きで、

宣伝に役立てることをとても喜んでいたといいいます。

「私たちは美しいCMをみてとても幸せでした」

「しかし問題でCMが撤回されて少し恥ずかしい」と妻は述べています。

ウチムラさんは6月73歳になり、

今は東京で病院に通っていますが、

10月には西ネグロスにある新しい農園を一緒に訪れる予定です。

「彼は年老いてますが若い心を持っています」と妻は指摘し、

これからもフィリピンを旅行して、

人々や文化との出会いを楽しんでいきたいと抱負を述べています。

Tourism ad message is ‘genuine’

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム