記事一覧

職員の窃盗対策で全身スキャナー導入、まずはモラル向上が先だろ!

マニラ国際空港でトルコ外務大臣の妻が荷物を盗まれた事件で、

職員を監視するために全身スキャナーの導入が検討されています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


事件では荷物係の職員4人が逮捕されました。

空港当局は事件再発を防止するため荷物係の監視を開始し、

各航空会社に毎月盗難に関するレポートを提出するよう求め、

職場における監視の強化を求めました。

荷物係の職員はポケットのない服装や、

腕時計やアクセサリーなどの着用が禁じられています。

また雇用する際の厳格な身元調査を求め、

規則に従わない航空会社は、

認可の取り消しもありえると警告しました。

全身スキャナーをめぐっては、

すでに空港が14台を購入して導入しましたが、

欠陥を理由にまだ機能していない状態が続いています。

一基1200万ペソする全身スキャナーは、

テロ対策で2015年に導入されましたが、

職員の窃盗対策に転用される見通しです。

Full-body scanners eyed vs NAIA thieves

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム