記事一覧

若王子さん誘拐事件の容疑者を射殺、警官2人を殺人罪で起訴

ラグナ州で誘拐団のリーダーを射殺した警官2人が、

国家捜査局(NBI)によって殺人罪で起訴されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


起訴された警官2人は一時的に、

ケソン市の警察署に拘留されていましたが、

逮捕状が出されたあとに逃走しました。

NBIの調べによると、

2人の警官は今年の6月24日にカランバ市の路上で、

白いアウディ車に銃撃を加え、

乗っていた誘拐団のリーダーを含む2人を射殺し、

もう1人を負傷させた疑い。

射殺された男のひとりは誘拐団リーダーのロランド・ファハルドで、

彼の弟と一緒に1986年に、

三井物産マニラ支店長の若王子信行さんが、
http://overseas.blogmura.com/philippine/

誘拐された事件に関与した疑いで、

当時100万ペソの懸賞金が政府によって掛けられ、

指名手配となっていました。

ファハルドは2010年にマニラ国際空港で逮捕されましたが、

その後、理由不明のまま釈放されていました。

NBIはほかに7人がファハルド殺害に共謀していたとみて捜査しています。

警官の1人は偽名の免許証を使って、

犯行に使用した中古車を購入していたことが分かっています。

現場付近の施設に設置されていた防犯カメラの映像から、

警官の1人がコンビニで、

ファハルドが乗った車が通るのを待っていたのが確認されました。

さらに警官が購入した乗用車が、

ファハルドのアウディの進路を妨害する様子も記録されていました。

Dismissed and “AWOL” cops charged for death of suspected KFR leader

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


=====================

犯行の動機がさっぱり分かりませんが、

何か複雑な理由が絡み合っているのかもしれません。

警官がどうやって逃走したのかも不明ですが、

一旦は逮捕されたロランド・ファハルドが、

釈放された理由もよく分からないようです。

フィリピンの警察や司法関係は闇が多すぎます。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム