記事一覧

マニラの慰安婦像、中華系団体がゴリ押しで設置?マニラ市「許可出してない」

今月8日にマニラ市の観光地に設置された慰安婦像をめぐり、

フィリピン外務省がマニラ市のエストラダ市長(元大統領)に、

質問状を提出していたことが分かりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

質問状は12月12日に市当局に送付され、

慰安婦像が設置された背景などに関して市に対し説明を求めている内容。

日本の当局者は慰安婦問題は中国や韓国との間で非常に大きな問題となっており、

フィリピンと強い絆が築かれているにも関わらず、

突然、慰安婦像が設置されたことを残念に思うと懸念を表明。

これを受けたフィリピン外務省がマニラ市に質問状を出した。

市関係者によると慰安婦像は、

マニュエル・チュアという人物によって率いられる、

フィリピン系中国人団体「Tulay Foundation」によって設置されたことを認めた。

https://internet.blogmura.com/facebook/

しかし慰安婦像に設置許可に関しては、

公共事業・高速道路省などほかの省庁の管轄だと指摘し、

マニラ市は許可を出す立場になく出してもいないと説明した。

慰安婦像はマニラ市内のマニラ湾に面するベイウォークに設置されている。

マニラ市は20日までに質問状に回答する方針。



↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム