記事一覧

中国製の鉄道車両を返却し日本製を導入すべき、上院議員が異例の要請

マニラ首都圏を運行する軽量高架鉄道(MRT)の新型車両をめぐり、

上院議員が中国製ではなく日本製の導入を探るべきだと当局に要請しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

アキノ前政権は莫大な予算を投入して、

中国企業から新型のMRT車両の購入を進め、

ドゥテルテ政権になりようやく車両の納入が始まりましたが、

重量オーバーや従来の車両と共通性がないなど、

規格上の深刻な問題が発覚し、

運用できない状態が続いています。

この問題をめぐりポー上院議員は、

「私たちは時間を浪費しないためにも今すぐに決断すべき」と主張し、

使えない中国製車両を中国に返却するよう要請。

さらに「日本企業と試作車両の契約をしたらどうか?」

「日本が助けてくれるなら私たちはうれしい」

と中国業との契約を破棄すべきだと主張しました。

ほかもMRTをめぐっては保守契約をしていた韓国企業が、

低品質の部品を使うなどして信頼性が著しく悪化しており、

毎日のように運行が停止し渋滞悪化の一因となるなど、

大きな社会問題に発展しており、

ドゥテルテ政権の大きな課題となっています。



↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム