記事一覧

クラーク空港で韓国人が関税職員とトラブル、無礼な態度に失望、「二度と来ない」

パンパンガ州のクラーク国際空港で、

韓国人女性が経験したトラブルに注目が集まっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

女性によると2月12日の午後10時に韓国から到着したところ、

韓国の空港にある免税店で購入した商品に、

税金を支払うことを関税局の職員に求められました。

商品はバッグや化粧品など677ドル相当で、

職員は関税として6941ペソの支払いを求めたということです。

女性はフェイスブックの投稿の中で、

https://internet.blogmura.com/facebook/

「私は英語をほとんど話せない」

「小さな部屋に連れていかれたあと分かりにくい英語で話し続けられた」

「137ドルを支払えと書かれた紙切れを渡された」と当時の様子を記しています。

韓国のデパートで購入するより高いとして支払いを拒否しました。

すると職員はサインする書類を机に叩きつけたり、

「韓国に帰れ」などと女性とその夫に罵り始めたというとです。

女性は空港の外で待っている夫の兄弟とフィリピン人妻を、

通訳として呼んでほしいと訴えましたが拒否されました。

関税当局者はバッグや化粧品などは、

1万ペソを超えると課税対象になると説明し、

職員の行動に問題はなかったと説明しました。

さらに女性は空港で7万ペソの腕時計と電子タバコが、

エックス線検査場で消えたと主張しています。

しかし空港当局者は監視カメラの映像に、

職員が腕時計を返却する様子が記録されていると話しています。

女性はの投稿は注目を集めシェアは6万回を超え、

1万8千のコメントが寄せられています。

投稿で女性は「もう二度とフィリピンは訪れたくない」

「住人に襲われるのが不安でほとんどホテルで過ごした」

「もしまた訪れることがあってもクラーク空港は絶対に使わない」

「私は3万ペソ相当の私物を失った」と失望を述べています。

Korean hits Customs men for alleged rude behavior

Koreans detail rough time in Clark; Customs examiner tells otherwise

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム