記事一覧

アンヘレスでカラオケ騒音防止条例

アンヘレス市でカラオケの騒音に関する、

新しい条例が可決されたようです。

アンヘレス市議会はこのほど、

不快な騒音防止条例を可決しました。

これはカラオケやステレオなどの音響機器に適応され、

使用者はボリュームを90デシベル以下に抑える必要があります。

イベントなどを開催する場合は、

三日前までに市議会から許可を得て、

午後10時までに終える必要があります。

騒音はスピーカーから50フィートの距離で測定されます。

市議会はすでに測定装置を購入することを承認しました。

この条例に違反した場合、

1千ペソから5千ペソの罰金と、

6ヶ月以下の懲役が課せられます。

また条例では教会などの宗教施設や、

学校、病院などの200メートル以内で、

カラオケ機器の使用を禁じています。

ただし自治体などが主催するイベントなどは除外されます。

バーなどのエンターテイメント施設は、

適切な防音処理をすることが定められており、

違反した場合7日間の営業停止や、

営業許可の取り消しなどの処分が課せられます。

inquirer:Angeles City bans loud videoke, karaoke

==================================

今までこのような条例が無かったのが驚きですが、

まさに野放し状態だったのでしょうね。

かなり厳しく摘発しないと、

すぐに形骸化してしまうような気がします。

測定装置を壊してしまい、

騒音を測ることができないという結果にならないといいのですが…。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム