記事一覧

セブ市長が前市長の汚職追及で巨大ブーメラン、昔に同じことをしていた疑惑浮上

セブ市のオスメニャ市長が巨大ブーメランの危機に直面しています。

問題となっているのは違法駐車を取り締まるために車輪止め(クランプ)です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

最近セブ市内で駐禁の取り締まりに反発する男が、

車輪止めに拳銃を発砲する事件があり、

市は罰金として車輪止めの価格である4万5千ペソの支払いを求めました。

このことで車輪止めの価格が非常に高価であることが発覚し、

オスメニャ市長は入札を行った前市長を批判しました。

前市長は4万5千ペソの車輪止めを100個発注していました。

一方、オスメニャ市長は同じ車輪止めを100個で、

85万ペソ(一個8500ペソ)で発注したことを明らかにし、

前政権の汚職批判に拍車を掛けました。

ところが野党議員がフェイスブックで、

https://internet.blogmura.com/facebook/

2006年にオスメニャ氏が市長だったころに、

市が同じく4万5千ペソで車輪止めを購入していたことを暴露しました。

しかし書類にはオスメニャ市長の署名はありませんでした。

野党議員は「私のグループを批判する前に自分の裏庭を確認すべきだ」と、

オスメニャ市長を痛烈に批判しました。

別の市議会議員も、

「市長の署名はないが市長の承認なしに購入できない」と述べています。

またオスメニャ市長は鎮痛剤のモルヒネを常用していると指摘し、

健康問題があるとも批判しました。

Osmeña ‘also bought overpriced clamp’

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム