記事一覧

ボラカイに災害状態を宣言、海に糞尿垂れ流しで汚染が深刻化

このほどフィリピンのドゥテルテ大統領は、

アジア有数のリゾート地であるボラカイに、

災害状態を宣言する方針を明らかにしました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

ドゥテルテ大統領は数週間前に、

汚染が悪化するボラカイを6カ月以内に浄化するよう命じたばかりです。

汚染は公衆衛生と安全の問題であり、

大統領が災害状態を宣言する権限があると指摘し、

裁判所に差し止めなどの干渉をしないようにクギを刺しました。

さらに地元自治体に政府と協力して、

浄化を促進するよう命じるとともに、

法律や規制に違反しているにもかからず、

建築許可や営業許可を出して汚染を悪化させた、

地元自治体関係者の責任を追及する姿勢です。

一方、内務自治省長官は災害状態宣言と合わせて、

60日間に渡って商業施設を閉鎖する可能性も検討しています。

もし閉鎖が実現すれば観光業界は大きな打撃を受けることになりますが、

観光省が米国フロリダで行った歓呼促進イベントでは、

壁に展示されたフィリピンの観光マップから、

ボラカイが除かれていることが分かっています。

またボラカイは世界を巡るクルーズ船の人気の経由地で、

今年は5万人以上の観光客がクルーズ船で訪れる予定ですが、

閉鎖された場合、影響が出るのは必至の情勢です。

Duterte eyes declaring state of calamity in Boracay

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム