記事一覧

バギオ市で「カラオケ条例」、騒音がトラブルの原因に

このほど避暑地として有名なバギオ市で、

「カラオケ条例」が承認されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

この新しい条例では午後10時から午前5時までに、

カラオケやオーディオ機器など騒音を発する機材が使用された場合、

バランガイ職員や警察に通報できるというものです。

フィリピンではカラオケは騒音が睡眠を妨害するだけでなく、

これを原因に住人同士の紛争に発展するケースも多く、

市議会が条例による規制に踏み切りました。

警察が通報受けた場合、まず警官が静かにするよう警告しますが、

これに従わない場合は1千ペソの罰金、または6ヵ月以内の懲役が課せられます。

2回目の罰金は3千ペソとなり3回目は5千ペソとなります。

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム