記事一覧

英国人が睡眠薬強盗被害、同情した警官がホテルを提供

世界遺産の棚田で有名なバナウェで、

可哀そうな英国人男性が発見されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

3月24日にバスターミナルで寝ている外国人に関する通報を受け、

警官が現地に向かうと疲れ切った様子の英国人男性がいました。

事情を聞くと男性はマニラ首都圏での出来事を語り始めました。

男性はバナウェに行くためにマカティ市の旅行会社に行ったところ、

そこで同じくバナウェに行くという2人の女に出会ったそうです。

そして一緒に行くことになったその2人と、

サンパロックにあるバスターミナルに向かいチケットを買い求めました。

食事のためにマカティ市のレストランに行きましたが、

そこで記憶が途絶え気が付くとタクシーの車内で、

すでに午後9時になっていました。

3万ペソ相当の携帯電話と9千ペソの現金がなくなっていました。

携帯電話を探すためにタクシー運転手に助けを求めましたが、

荷物と一緒に降ろされてしまいました。

バスターミナルに戻り警備員に助けを求めると、

2人の女性警官に被害届けを出すようにアドバイスされたそうです。

防犯カメラの映像にはレストランで一緒だった女のひとりが映っているのが確認できました。

警官たちは男性にバナウェでバケーションを続けることを勧めました。

このことを聞いたバナウェの警官たちは、

男性に元気を取り戻してもらうためにホテルを提供したそうです。

British 'budol-budol' victim gets free Banaue vacation

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム