記事一覧

配車サービスのグラブが悲鳴、圧倒的な車両不足が判明

配車サービスのグラブの車両不足が深刻化しており、

増加する乗客に対応できていない状況が明らかとなりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

グラブの代表によると1日あたり60万件の予約がありますが、

車両の数は3万5千台にとどまっているということです。

LTFRBの要請により1分に2ペソの課金が停止されたことで、

運営者が車両の整備費用などを捻出できず、

現在の台数の維持が難しくなる可能性も指摘しました。

また予約が困難になっている原因として、

目的地をより好む運転手の責任との見方があるが、

実際はその地域の車両が不足しているのが原因との見方を示しました。

グラブはウーバーが撤退後に事業を吸収しましたが、

1万9千人のウーバー運転手のうち、

グラブに引き継がれたのは1万1千人だけでした。

残りの6千人の運転手がグラブに移動できるよう、

引き続きLTFRBに働きかける方針です。

1日に1台の車両が平均12人を乗せる計算で、

6千台が追加されれば7万2千人分の追加配車が可能となり、

混雑が解消されると考えられています。

LTFRBは配車サービスの台数制限をマニラ首都圏で6万5千台。

メトロセブで1500台、パンパンガで250台に引き上げたばかりです。

渋滞の悪化を避けるために台車制限を設けていますが、

3カ月おきにデータに基づいて増減させる方針を示しています。

またグラブの競合として5社の配車サービスを承認しました。

Grab: Only 35,000 drivers serve 600,000 bookings per day

600,000 requests vs 35,000 cars: Grab explains demand 'overflow'

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム