記事一覧

セブのホテルが性サービス女性に入場料、市議会議員が調査に乗り出す

セブ市内のホテルが性サービスに従事する女性から、

入場料を徴収している疑惑が浮上しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

セブ市の市議会議員は、

エスコートサービスを行っている女性やトランスジェンダーに、

いくつかのホテルの従業員が、

1千ペソの入場料を要求していると指摘しました。

市議会議員はこの行動が、

人身売買など助長する可能性があるとして、

国家捜査局(NBI)に調査を求めました。

情報によると1千ペソはホテルの受付と、

警備員が山分けし副業となっているそうです。

弁護士でもある市議会議員は、

このような金儲けの構図が、

女性やトランスジェンダーへの差別に繋がると指摘し、

容認すべきではないと説明しました。

情報提供者の市民によると、

ホテルの受付で名前の記帳を求められ、

1千ペソの入場料を求められたということです。

また別の女性はロビーでカジノを利用している、

友人を待っていたところエスコートサービスと間違えられて、

ホテルから出ていくように言われたそうです。

市議会議員は女性やトランスジェンダーだけを標的に、

ホテルからの立ち退きを要求するのは差別だと指摘しました。

Garcia wants hotel probed for tolerating ‘escort’ services

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム