記事一覧

【無法国家】アンヘレス英国人銃撃事件、8年間も裁判行われず放置

パンパンガ州アンヘレス市で、

2010年7月に起きた英国人銃撃事件の裁判が、

まったく進展していないことが分かりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

亡くなった英国人男性の娘が明らかにしました。

事件は男性のアパートで発生し、

https://internet.blogmura.com/facebook/

容疑者の銃撃によってパートナーの女性も一緒に亡くなりました。

9月5日にようやく審問が開催されましたが、

事件に関する答えは何も得られず時間の無駄だったと、

娘は失望を表明しています。

容疑者は2週間で9人を次々と犠牲にして逮捕されましたが、

いまだに裁判を待っている状態です。

フィリピン当局や英国大使館に何度も連絡をしましたが、

事件に関する情報もなく、

娘によると父親の所持品や、

銀行口座も行方不明のままです。

「何か自分たちが間違ったことをしているように感じる」

と娘は心境を語っています。

亡くなった父親を英国に移送するために、

1万ポンドを支払いましたが、

フィリピン側は保存処理などをまったく行っていなかったそうです。

Inquest finally opens eight years after Brit ‘shot by Angeles City serial killer’

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム