記事一覧

フィリピンの植民地化待ったなし、大量の中国人労働者が流入

フィリピンの労働組合は大量の外国人労働者が、

流入していることに懸念を表明しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

このほどドリロン上院議員は、

国内で40万人以上の外国人が、

働いているとの調査結果を明らかにしました。

首都圏パラニャーケ市にあるエンターテインメント・シティだけでも、

15万人の外国人が働いているとの報告もあります。

労働者組合はフィリピン人の雇用を奪っていると警戒感を表明しました。

今年、入国管理局は300人に違法滞在者を逮捕しましたが、

その大半は中国人でした。

入管によると外国人入国者は2015年の1046万人でしたが、

2017年には1411万人と何百万人も増加しています。

また過去2年間に発行された外国人への労働許可4万件のうち、

2万5千件が中国人に与えられていたことも分かっています。

国内では中国人労働者が強い存在感を示しており、

英語やタガログではなく、

中国語だけの看板を掲げた商店やレストランも増えています。

DOLE defends presence of thousands of Chinese workers



↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム