記事一覧

中国人に異様な数の労働許可、ほとんどがオンラインカジノ、議員が疑問視

中国の南シナ海における海洋進出が問題となっていますが、

フィリピン国内でも中国人労働者の進出が問題視されています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

労働雇用省によると、

5万人以上の中国人に外国人雇用許可が与えられていますが、

そのほとんどはオンラインカジノに従事しています。

この数は外国人に発行された雇用許可、

115,000件の約半分を占める多さです。

ビリャヌエバ上院議員は、

大量の中国人労働者の流入に関する調査委員会で、

これらの職業がフィリピン人には無理な仕事なのか、

もしくはトレーニングや技術開発で、

スキルを学ぶことはできなのか疑問を呈しました。

ドゥテルテ大統領が就任して以来、

中国人労働者は増え続けており、

2015年に発行された中国人労働者への労働許可は9,109件でしたが、

2016年には18,920件に倍増し、

2017年には23,951件に達しました。

観光客や投資家を含めると300万人以上がいると推定されています。

また中国人を大量に雇っている、

オフショア・ゲーミング・オペレーション(POGO)の増加にも懸念を表明した。

https://internet.blogmura.com/facebook/

POGOはマニラ首都圏だけでも、

20万から40万人を雇用していると言われており、

雇用省は12月か1月にも、

外国人労働者の実態調査に乗り出す方針を示しました。

最近もパシッグ市のオンラインカジノで、

違法に働いていた93人の中国人が逮捕されたばかりです。

また中国人の急増でコンドミニアムの賃料が高騰しており、

これもまた問題視されています。

マニラのベイエリアでは2018年の最初の4ヵ月に、

賃料が62.2%も上昇したとの情報もあります。

ビリャヌエバ上院議員はフィリピン企業が、

従業員の80%をフィリピン人で満たすことを義務付ける

新しい法案の採択を求めています。

Sen. Villanueva on Chinese workers influx: 'Are these jobs Filipinos can’t do?'

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム