記事一覧

セブでATM利用者を狙う「接着剤ギャング」を逮捕、その巧妙な手口

セブ島マンダウエ市でATM利用者を騙して、

現金を引き出していた女が逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

警察の調べによると、

銀行職員がATMに現金を補充してたところ、

キーパッドやカードの読み取り口に、

接着剤が付着しているのを発見しました。

https://internet.blogmura.com/facebook/

先月にマンダウエ市やセブの各地で、

ATMのスキミング被害が相次いでおり、

銀行などから警察に対応を求める声が強まっていました。

その手口は容疑者が親切を装って、

ATMが苦手な利用者に近づき、

気付かれないように指先に盛った接着剤をカードに付着させ、

読み取り口に入らないようにします。



そして現金が引き出せず困っている利用者に、

容疑者は警備員に知らせるようアドバイスし、

その隙にカードの情報を盗んだり、

現金を引き出したりするそうです。

ATMの捜査が苦手な老人や、

障がい者ばかりを狙っていました。

今回、逮捕された35歳の女は、

シンジケートの一員だと考えられていますが、

女は単独犯だと主張しています。

女は2009年にこの手口を学び、

3人の子供を養うため3万ペソを引き出したことがある話しています。

警察はATMの周辺に長く居続ける不審な人物がいないか確認すると共に

知らないひとからアドバイスを受けないよう、

利用者に注意を呼び掛けています。

また銀行側にも担当の警備員にキーパッドや、

防犯カメラのチェックを怠らないよう求めました。

多くの場合数字の「0」と「キャンセル」のボタンが、

接着剤で固められていることが多いそうです。

ATM skimmer nabbed in Mandaue

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム