記事一覧

クラーク空港の利用者が年間250万人を突破、さらに増便を計画中

パンパンガ州のクラーク国際空港の利用者が、

順調に増加していることが分かりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

空港当局によると12月19日までに、

今年の利用者は250万人を突破し、

過去最高の数を記録したということです。

今年中に260万人を超えると考えられています。

1日の利用者は平均8千人で、

週に656便のフライトがあり、

そのうち202便が国内線で454便が国内線となっています。

空港当局は利用者の増加に備え、

新しいターミナルを2020年までに完成させて稼働させる見通しで、

https://internet.blogmura.com/facebook/

これにより年間800万人の利用者を受け入れ可能となります。

クラーク国際空港からは、

韓国、日本、香港、マカオ、台北、シンガポール、ドーハとドバイへの便が飛んでおり、

バンコクとクアラルンプールに関しても交渉中ということです。

国内線ではセブ、ボラカイ、バコロド、ダバオ、パラワンなど、

主要なリゾートへの便も充実しています。

Clark Airport reports record-breaking 2.5 million arrivals this year

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム