記事一覧

ドゥテルテ効果?悪天候?花火の負傷者が68%も減少

フィリピンで年末年始に問題となっている、

花火による負傷者が大幅に減少したことが分かりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

保健省が行った元旦の発表によると、

12月21日から1月1日までに、

確認された花火の負傷者は139人で、

昨年の同じ時期の428人と比べ、

68%の減少を示したことが分かりました。

さらに過去5年間の平均で見ると、

80%の減少となっており、

歴史的な大幅な減少と保健省長官は指摘しました。

減少の理由としては、

ドゥテルテ大統領による花火に関する大統領令のほか、

雨が続く年末年始の悪天候の影響だと分析しました。

大統領令により花火用の場所が各地域に設けられたことで、

https://internet.blogmura.com/facebook/

被害が減少したと考えられています。

最も負傷者が多かったのはマニラ首都圏の53人で、

西ビサヤ地方の26人と、

中部ビサヤ地方の13人がこれに続きました。

保健省長官によると負傷者のうち花火使用者あ64%を占め、

残りの36人は通りかかった人や、

見物人だったということです。

DOH records 68% drop in firecracker injuries

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム