記事一覧

クラーク空港で女性4人の出国阻止、海外のパプで就労図る

パンパンガ州のクラーク国際空港で、

海外に観光に行こうとしたフィリピン女性たちが出国を阻止されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

入国管理局による出国を阻止されたのは、

5人のフィリピン女性たちで、

そのうち3人はコタキナバルに、

ナイトクラブで働くために向かおうしとており、

別の2人はレバノンに家政婦として働くために向かおうとしていました。

入管によると3人組はネット上で就労を誘われ、

ケソン市内のモールで1万ペソを支払い、

コタキナバルのパブで働けるという触れ込みで、

香港で必要書類を受け取る予定でいた。

別の2人組はアラブ首長国連邦のニセのビザを所持しており、

ベイルートに向かうことなっていましたが、

最終目的地は明かされていませんでした。

入管関係者は、

女性たちは貧しい人々を食い物にする悪質なシンジケートの犠牲者で、

違法リクルーターに訴訟を起こすべきだと主張しました。

まや違法な手段で海外働く場合、

不公平な労働条件を強制され、

さらにリクルーターに多額の金額を天引きされると指摘しました。

Bureau of Immigration arrests 5 OFWs sans docus

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム