記事一覧

支払い滞納者に出生証明書を渡さず、市長が病院に激怒

パンパンガ州で病院が長年に渡り、

大量の出生証明書を保持していたことが分かりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

問題となっているのはアンヘレス市にある病院、

「Ospital Ning Angeles(ONA)」で、

https://internet.blogmura.com/facebook/

支払いを滞納している出産者に、

生れた赤ん坊の出生証明書を渡していませんでした。

病院が保持していた出生証明書は3,158にも達し、

古くは1991年のものもあったそうです。

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム