記事一覧

マニラ市長が未成年の夜間外出禁止を徹底、違反者の親に罰金

マニラ市長が未成年者の夜間外出禁止を、

厳しく取り締まる方針を明らかにしました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

未成年の夜間外出を禁じる条例は以前からありましたが、

すでに形骸化しており市内では、

ストリートチルドレンが歩き回っているのが実態でした。

未成年者が関与する犯罪も増えていることから、

https://internet.blogmura.com/facebook/

モレノ市長は条例を厳格に実施するよう当局に求めました。

日曜日に市内の見回りをした市長は、

深夜に通りをうろつく子供たちを発見し、

トンド地区ではラグビーと呼ばれる揮発性の接着剤を吸った子供が、

ケンカをしているとの報告を受けました。



月曜日と火曜日だけで400人以上の子供が保護されました。

子供たちは警官に捕まらないよう屋根の上にいました。

条例では15歳から17歳の子供が違反した場合、

両親に2千ペソの罰金と一カ月の懲役が課せられる可能性があります。

13歳から14歳の場合は3千ペソの罰金と最高3ヵ月の懲役、

12歳以下の子供の場合は、

5千ペソの罰金と6ヵ月の懲役となっています。

市長は各バランガイと警察に、

毎週、夜間外出禁止に関する報告するよう求めました。

Hundreds of Manila minors taken into custody for staying out past curfew

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム