記事一覧

【交通戦争】渋滞問題に最終兵器、国家警察の特殊部隊を投入

マニラ首都圏の渋滞問題を改善すべく、

アキノ大統領からの要請で、

首都圏開発局(MMDA)から、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


幹線道路エドサ通りの交通管理を引き継いだ、

国家警察のハイウェイ・パトロール・グループ(HPG)が、

新たな助っ人を模索しているようです。

HPGはエドサ通りに配備している警官を、

当初の100人から150人に増員していますが、

HPGの隊長はそれでも足りないとの認識を示しており、

別の部署の応援を求めたところ、

国家警察の特殊部隊である、

スペシャル・アクション・フォース(SAF)が、

少なくとも20人の隊員を派遣する見通しとなりました。

Ssaf1.jpg

現在HPGは24キロの長さがあるエドサ通りを、

8時間シフトの二交代制で管理しています。

SAFの隊員はエドサ通りに配備される前に、

交通管理についてトレーニングを受ける見通しです。

9月7日からHPGが配備され、

道路沿いの物売りや違法駐車の車両の撤去を進めた結果、

ボトルネックとなっていた地点で、

交通の流れの改善が見られましたが、

このところ激しい雨に見舞われて道路が冠水するなど、

最悪の渋滞が続いています。

SAF troopers to reinforce HPG on EDSA

==================

SAFはイスラム過激派なども相手にする、

SWATよりもさらに軍隊寄りの警察部隊です。

ベレー帽と迷彩服がトレードマークの精鋭部隊で、

アサルトライフルを装備するなど見かけはほとんど軍隊ですね。

渋滞への効果はともかく、

彼らが配備されればエドサ通り付近での犯罪は、

確実に減少するような気がします。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム