記事一覧

英雄ラプラプが悪役でピノイ激怒、マゼラン描くアニメ映画に批判

大航海時代の冒険家マゼランを描いた映画が、

フィリピンで物議を呼んでいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

問題となっているのはスペインで制作されたアニメ映画、

「Elcano and Magellan: The First Voyage Around the World」で、
https://internet.blogmura.com/facebook/

2020年の劇場公開に向けて、

ポスターや予告編が公開されましたが、

マゼランを撃退したフィリピンの英雄ラプラプが、

悪役のように描かれていいるとして、

劇場での公開を禁止すべきの意見が出ています。



大統領府はこの映画の国内公開に関して、

映画やテレビ番組の規制を審議する、

「Television Review and Classification Board (MTRCB)」

の判断次第だと意見を述べ介入を避けました。

ラプラプは1521年にマクタン島に上陸したマゼランを撃退し、

フィリピンの植民地化を阻止した英雄として称えられてます。

しかしその一方でマゼランが持ち込んだキリスト教は、

フィリピン人のほとんが信仰する宗教となっており、

マゼランが持ち込んだ十字架は、

セブ市で展示され観光名所となっています。

映画の製作元はフィリピンでの批判を受け、

映画の再評価を行う方針を示しています。

Film slammed for depicting Magellan, Spanish colonizers as 'heroes'

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム