記事一覧

タール火山の噴煙が停止、しかしマグマ上昇に警戒

噴火から約10日が経過したタール火山ですが、

依然として予断を許さない状況のようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

フィリピン火山地震研究は水曜日、

火口からの灰の噴出が停止したことを確認しました。
https://internet.blogmura.com/facebook/

しかしながらタール火山の周辺では強い風によって、

堆積した火山灰が舞い上がる現象が起きており、

複数の航空会社から火山灰が、

5800メートルの高度にまで達したとの報告もあったそうです。

鎮静化しているように見えるタール火山ですが、

火山地震研究所はマグマの上昇が続いていて、

安全だと評価するのはまだ難しいとの見解を示しています。



火口からの二酸化硫黄の流出も減少していますが、

これは噴出孔が一時的に塞がっただけの可能性もあり、

火山活動の鎮静化を判断する条件には乏しいと指摘しています。

警戒レべルは依然としてレベル4を維持していますが、

現状のような状態が2週間続くようであれば、

レベル3に下げる可能性もあると説明しました。

しかしすべての避難民が帰宅は難しいと指摘しました。

また避難生活の長期化を受け、

一部の住人は家や家畜の様子を確認するために、

立ち入り禁止区域に警察の検問を無視して入り込むケースも多発しており、

警察が住人の説得に頭を痛めています。

No ash emission observed in Taal since Wednesday morning — Phivolcs

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム