記事一覧

比国内初のコロナ感染者の移動経路が判明、セブパシとPALを利用

フィリピン国内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認された、

中国人女性の移動経路が判明しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

保健省によると武漢市出身の感染者の女性は、
https://internet.blogmura.com/facebook/

セブパシフィック航空で香港からセブに到着。

さらにセブからドゥマゲッティへセブパシフィック航空で移動し、

ドゥマゲッティからマニラへフィリピン航空で移動したということです。

セブででは空港内の移動だけで市内には出ておらず、

滞在は3時間程度だったという情報もあります。

保健省は感染者と同じ飛行機に乗った乗客など、

接触があった人々の追跡と特定を急いでいます。



感染者の女性は1月21日にフィリピンに到着し、

1月25日に軽い咳があったため病院で診察を受けたところ、

新型コロナウイルスの感染が確認されました。

セブやドゥマゲッティで一緒だったボーイフレンドも入院中です。

女性はマニラ市のサンラザロ病院で隔離されており、

安定した状態だと伝えられていますが、

ボーイフレンドは呼吸困難や発熱など、

肺炎の症状が出ているということです。

Philippines’ first novel coronavirus case flew Cebu Pacific, PAL —DOH

Source says Philippines’ first novel coronavirus case in ‘stable’ condition

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム