記事一覧

入管職員が中国人優遇で組織的汚職、残業手当廃止に反発

マニラ国際空港に配置された入管職員による、

組織的な汚職が大問題となっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

このほど行われた上院での調査で、

中国人の入国時に賄賂と引き換えに、

通常の手続きを経ることなく入国を容認していたというもので、

担当の入管職員たちはスマホアプリ「Viber」チャットグループで、
https://internet.blogmura.com/facebook/

賄賂を支払った中国人の名前のリストを共有ししていたということです。

2016年に司法省が入管職員の残手当を廃止したことをきっかけに、

収入が減少した職員が始めた手口とされています。

賄賂を支払ったのは主にフィリピン国内で、

中国人向けのオンラインラインカジノ会社で、

違法就労をする中国人や、

カジノのハイローラーたちだったということです。

さらにはブラックリストに掲載された人物でも受け入れていたとの証言もあり、

好ましくない外国人を排除するという、

入管の存在意義を否定するような内容です。

フィリピン国内では中国人の違法就労の急増が大きな問題となっていましたが、

入管のこのような汚職がその背後にあったことが明らかとなりました。

汚職に加担した職員たちは、

ターミナル1配置された場合は週に1万ペソ、

ターミナル3の場合は週に8千ぺソ程度を受け取っていたということです。

この汚職には旅行代理店も関与していたと考えられ、

さらに入管の上層部も容認していた可能性も指摘されています。

BI official testifies at Senate, reveals inner workings of ‘pastillas’ scheme

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム