記事一覧

【コロナ封鎖】比国内で外国人2千人が足止め、脱出を模索

観光省によると新型コロナ対策の封鎖措置の影響で、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

多数の外国人が飛行機のキャンセルなどにより、

フィリピン国内に足止めされているそうです。

数週間前までフィリピンは世界的にも、

新型コロナウイルスの感染者が少なく世界保健機構から称賛され、

多くの観光客が外国から訪れていました。

しかし事態が急激に変化しドゥテルテ大統領が、

ルソン島全域でロックダウン(封鎖)を実施することを決定。
https://internet.blogmura.com/facebook/

これにより国内線のフライトが停止され、

数千人の観光客が一斉に移動手段を失い、

各地で足止めされる事態に陥りました。

観光省の調べによると現在も約2千人が足止めされており、

その半数はセブやボホール、シキホールなどがある中部ビサヤ地方と、

東ネグロス州などに分布しています。

足止めされている観光客の国籍は、

フランス、ドイツ、アメリカ、ロシアとなっています。

帰国のための国際線は運行を続けていますが、

国内線が停止したことで出発の空港に辿り着くことができず、

各地で足止めされているのが現状です。

ボラカイに取り残された英国人女性は、

封鎖を知ってすぐに飛行機を手配しましたが、

すでに国内線はキャンセルされ返金もされていないと話しています。



このような状況を受け観光省は足止めされている観光客を、

地方から国際便が飛ぶ空港へ「スイーパー便」を運行し、
https://internet.blogmura.com/facebook/

これまでに約3千人を運びましたが、まだ2千人が残されています。

しかし次の予定はまだ不明で、

ボラカイで足止めされている観光客は、

情報の少なくいつ帰れれるか分からず、

国際便の停止を懸念する不安の声もあがっています。

観光省は足止めされている外国人観光客に、

直接、大使館に連絡をとるよう助言しています。

しかし飛行機は限られており、

座席を確保できなかったいつくかの観光客は、

オプションとして現地に安いアパート借りることを検討しています。

マニラ首都圏では3月21日現在、

以下のホテルが帰国便に乗る観光客に宿泊を提供しています。

Golden Phoenix Manila
Hilton Manila
Joy Nostalg Hotel and Suites
Manila New Coast Hotel
Manila Ace Hotel and Suites
New World Makati
Solaire
The Linden Suites
Luxent Hotel
Oxford Suites Makati
The Bellevue Manila
B Hotel Alabang
B Hotel Quezon City
Crowne Plaza Manila
Galleria Seda
BGC Seda
Vertis North Seda
Seda Residences Makati
Seda Nuvali
Sheraton Manila

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム