記事一覧

無許可の支援ボランティアは逮捕、自治体の調整必須と警告

政府が無許可のボランティア活動に警告を発しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

内務自治省と自治体が、

支援物資などを配給するボランティアは、

支援する地域の自治体から証明書を得ることが必要だと強調。
https://internet.blogmura.com/facebook/

もし許可がない場合は、

居住地以外を無許可で出歩いたとして、

罰金や逮捕の可能性があると警告しました。

ブラカン州では3月から救援活動をしていた左派系グループが、

政治的な活動をしていたとして逮捕されています。

また4月15日には社会福祉開発省が、

支援目的の寄付集めには同省の許可が必要との声明を出し、
https://internet.blogmura.com/facebook/

ボランティアに対しオンラインで手続きを行い、

さらに手数料を同省の銀行口座に振り込むよう求め、

ネット上で反発を招いて炎上。

声明を削除する騒ぎが起きています。


内務自治省によると各地の検問で、

ただ外出したいがために、

支援ボランティアを名乗る人々が発見されていると指摘し、

より厳しく規則を守る必要があると強調しました。

国家警察の報道官は、

本当に救済活動を行いたいのであれば、

自治体政府と調整が必要だと強調し、

それが行われない場合は2万ペソから5万ペソの罰金、

さらに6ヵ月以内の懲役を科せられる場合があると警告した。

支援を行う団体の要件に関しては、

自治体政府の判断に任されているということで、

特にガイドラインは設けられていません。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム