記事一覧

検問通過に「交換条件」求める警官、コロナで貧困女性が苦境

新型コロナ拡大に伴うロックダウンで、

強化された権力を悪用する警官もいるようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

現地メディアはロックダウンの検問を通過するために、

ある「交換条件」を提示する警官がいると伝えています。

それによると被害者は子供と甥の面倒をみるシングルマザーで、
https://internet.blogmura.com/facebook/

自治体から5キロのコメとイワシの缶詰が支給されましたが、

次にも支給があるか分からない状態に陥りました。

コメは残り1キロしかなく底を突くのは時間の問題で、

仕事を再開することを迫られました。

女性はロックダウン後も繋がりがある、

かつての顧客に会うことにしましたが、

そのためには検問を通過し数キロを歩く必要があります。

その検問には同じ職種の女性の間で、

悪徳警官として有名な男が配置されていました。


この警官の「交換条件」に応じるしか、

この状況下で検問を通過する術はありません。

警官は自宅で交換条件を終えると、

解放する際にパンと150ペソを与え、

顧客のところまで車で送ってくれます。

これがロックダウン中の警官との暗黙の了解でした。

ほかの警官も同じような取り決めが横行しており、

売り上げの一部をピンハネする警官もいるとうことです。

しかも顧客もこの状況を利用し、

依然は2千ペソだった支払いを、

300ペソから500ペソしか払わない場合もあり、
https://internet.blogmura.com/facebook/

苦境に拍車をかけています。

この報道を受け国家警察長官は、

プライバシーを守ることを約束した上で、

悪徳警官を罰するため被害者に名乗り出るよう求めました。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム