記事一覧

感染者350人へ急増、セブ市も増加に転じ96人、規制緩和への影響は?

マニラ首都圏がGCQに規制緩和されるとの見方が強まっていますが、

ここに来て感染者が急増しているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

保健相は5月26日に新規感染者が、

350人だったことを発表しました。

この数字は414人を記録した4月6日以降で最大の数値です。
https://internet.blogmura.com/facebook/

これ国内の累計感染者数は14,669人となりました。


一方セブ市でもこの日、96人の感染者が確認されました。

セブ市の感染者数は過去14日間で、

1日当たり平均23人でしたが

ここにきて増加に転じたかたちです。

もっとも感染者が多かったのはバランガイPardoの21人でした。



同日マニラ首都圏の17人の市長が出席した会合では、

GCQへの移行による規制緩和で意見が一致したと伝られています。

マニラ首都圏の規制緩和をめぐっては、

政府の新型コロナ対策機関のIATFが水曜日に会合を行い、

MECQの期限が切れる5月31日以降の方針を固める見通しです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム