記事一覧

マニラ首都圏をGCQに規制緩和、グラブなど交通機関が再開

ドゥテルテ大統領が木曜日の夜に演説を行い、

マニラ首都圏をGCQに移行し、

規制緩和することを明らかにしました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

これによりより多くの産業が再開される見通しで、

交通機関も制限付きで再開されます。

バスは乗客を50%に制限して運転が再開され、

高架鉄道もソーシャルディスタンスがを維持するために、

乗客は10%程度まで限定される見通しです。

ほかに配車サービスのグラブのほか、
https://internet.blogmura.com/facebook/

一般タクシーも再開されますが、

乗客は2人までの制限があります。

ジプニーに関しては近代化されたジプニーが、

GCQに移行して3週間後に運行を開始する予定ですが、

旧式の車両に関してはソーシャルディスタンスが困難なため、

依然として禁止されるとの見方もあります。


外出制限に関しては、

21歳未満と60歳以上は依然として外出禁止で、

大規模な集会なども禁止です。

GCQとなるのは以下の通り。
https://internet.blogmura.com/facebook/

・マニラ首都圏
・ダバオ市
・カガヤン・バレー地方
・中部ルソン地方
・カラバルソン地方
・パンガシナン州
・アルバイ州

これ以外の地域はさらに規制が緩和されたMGCQとなります。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム