記事一覧

外出規則でトラブル、子供と母親が警官に取り囲まれ騒然

マニラ首都圏タギッグ市で外出規則をめぐるトラブルがあり、

母親と子供が警官に取り囲まれる騒ぎがありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

現場はボニファシオグローバルシティ内の公園で、

外国人の女性が3歳の娘と赤ん坊の息子を連れて、

ブルゴスサークルパークで散歩していたところ、

パトロールしていた7人の警官に取り囲まれ、

タガログ語で何かをまくし立てられたそうです。

女性はオランダ国籍で理解できませんでした。

その後、警官は英語で「家に帰れ、子供の外出は許可されない」と言いました。

しかしタギッグ市は独自のガイドラインで6月1日から、

21歳以下の子供や60歳以上の高齢者を含むすべての市民が、

運動のために外出できると発表していました。

これを女性が警官に説明しようと試みましたが、

警官は再びタガログ語で、

「逮捕」や「手錠」などの英語を交えて女性に叫び始めたそうです。

この様子を近所の住人がビデオに撮影し公開しました。
https://internet.blogmura.com/facebook/

女性の父親はアジア開発銀行で働いており、

子供時代をフィリピンで過ごし、

警官が攻撃的であることを知っていましたが、

まさか小さな子供の前でそのような態度をとるとは、

思っていなかったと証言しています。


婦人警官は女性に法に従うよう言い続け、

さらに手錠まで取り出しました。

母親が逮捕されると驚いた娘が泣き始めたそうです。

この数日前にもブラジル人の母親が、

2人の息子と自転車で散歩していたところ、

警官にサイレンを鳴らされ怖い思いをしたと証言しています。


これらの出来事に関してタギッグ市警察の署長は、

警官の行動を謝罪する一方、

問題の警官たちはマニラ首都圏警察から派遣された人員で、

タギッグ市独自のガイドラインを知らなかったと説明しています。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム