記事一覧

セブ市が感染の爆心地、自宅隔離が拡大招く、周辺地域に感染拡大

フィリピン中部のセブ市は感染拡大が続いており、

国内で唯一厳格なロックダウン(ECQ)が実施されている地域です。

語学留学で一躍有名となった優等生都市のセブ市に、

いったい何が起きているのでしょうか?

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

政府の新型コロナ対策機関の特別顧問の専門家は、

地方で確認された感染者の多くが、

セブ市から来ていたことを明らかにしました。

東ビサヤ地方(リージョン8)で感染数の急増が報告されましたが、
https://internet.blogmura.com/facebook/

そのほとんどはセブ市からとなっており、

今後、中部ビサヤ地方だけでなく、

ミンダナオにも感染を拡大させることが懸念されています。


セブ市は中部フィリピンにおける主要貿易港であり、

ビジネスの中心地となっています。

セブ市で感染がこれほど急速に拡大している理由については、

人口密度や検査数が増えていることのほかに、

軽い症状の感染者を施設ではなく、

自宅隔離にしていた方針も原因と指摘しました。

「自宅が隔離に向いていない場合、世帯内で感染者が増えるだけです」と専門家は指摘し、

すでに検疫センターでの隔離に切り替えたことを明らかにしました。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム