記事一覧

ロックダウンのセブ市でお祭り開催、住人がシヌログ踊る、市長激怒

新型コロナ対策に伴うロックダウン中のセブ市で、

フィエスタ(お祭り)が開催され物議を醸しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

お祭りが開催されたのは、

バランガイ・バサクサンニコラスで、

セブ市内で感染が多い地域として指定された、

12カ所のホットスポットのひとつで、

厳格なロックダウンが実施されているはずでした。

ネット上には通りで衣装を着た住人が、

シヌログを踊っている写真が投稿され注目を集めました。
https://internet.blogmura.com/facebook/

セブ市議会議員は無許可のシヌログパフォーマンスは、

ECQプロトコルに違反していると指摘し、

「まったく容認できるものではなく皆を危険に晒す」と、

フェイスブックで痛烈に批判しました、

ECQ下では教会へ行くことやフェスティバル、

集会などの行為は禁止されています。

警察は関係者を呼んで誰が責任を負うべきか調査する方針です。

またセブ市長も同バランガイの関係者に対し、

24時間以内に事情を説明するよう命じました。

ドゥテルテ大統領は6月29日に、

7月からの各地の検疫レベルを決定する見通しとなっており、

この騒動が影響を与える可能性もありそうです。


一方、マニラ首都圏ではマカティ市のバーで摘発があり、

ソーシャルディスタンスを違反したとして、

外国人を含む120人が逮捕されました。

現場はバランガイ・ベルエアにあるビルの18階にあるバーですが、

GCQ下にある同市ではバーの営業は依然禁止されているということです。


逮捕者の中には有名な芸能人も含まれていたようです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム